忍者ブログ

上を向いて歩こう!!

俺たちには過去も未来もない・・・毎日を楽しく精一杯生きる!それで良いんだよ!容量が限界のため、上を向いて歩こう2号店に移行しました!!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES』(マーヴル VS. カプコン 2 ニューエイジ オブ ヒーローズ)は2000年3月にカプコンがアーケードとドリームキャストで発売した対戦格闘ゲーム。本項においてはゲームのタイトル、及び当時の記述にならいMARVELの表記を「マーヴル」に統一する。

概要(ウィキより)
マーヴル・コミック社とのVS.シリーズの当時最終作となっていた本作(2010年にはシリーズ3作目が発表)では、これまでのシリーズ作品のキャラクターがほぼ総登場し、使用可能キャラクターの総数は50人を超えた。これは最終作としてプレイヤーに未練を残させたくなかったためとしている。また、キャラクターの多さに伴って、従来のVS.シリーズの2on2による対戦から3on3による対戦へ変更している。

これまでのシリーズと同様に、「ハメ」に近い攻め手やアーケードゲームではタブーとされる永久コンボ・即死コンボが多数存在している。また、日本よりも米国での人気が高くゲームへの研究が盛んで、米国では格闘ゲームの全国大会「Evo」の種目として毎年選ばれているほどの人気を誇る。

後に2002年9月19日にはプレイステーション2とXboxでも発売されている。

Xbox 360では2009年7月29日に1200マイクロソフトポイントで、PS3では同年8月12日に1500円でダウンロード販売が開始。なお、Xbox 360版・PS3版とも、6キャラクターのみ使用可能な体験版が無料で用意されている。

家庭用移植
DC版

ドリームキャスト版はNAOMI基板とドリームキャストの互換性が高いことから、寧ろほぼ完璧な作りといって差し支えないでしょう。ただし、ドリームキャスト版の本作は、通常のゲームクリアだけではなく、オンライン対戦や、アーケード対戦をしないと、全てのキャラクターを出すことが出来ないという難点があります。今時、アーケード筐体を置いている店舗は少ないですし、ドリームキャストでの通信対戦も出来ないので、正当な手順を踏んで隠しキャラを全部出すことは出来ないのが残念なところです。ゲームの移植度自体は高いのですが、全キャラクターを出せないことを覚悟しなければなりません。

ドリームキャストで全キャラ開放するには・・・・

救済措置として、カプコンユーザーサポートにその旨を伝えビジュアルメモリを送ると、全キャラクターが使用可能なセーブデータを入れて返送してくれる。ただしこれは全キャラクター使用可能なデータで上書きするという形であるため、それまでにセーブされていたハイスコア等の内容は保持されない(ビジュアルメモリを送る際の送料はユーザー負担。返送の際の送料はカプコン側が負担してくれる)。なお、現在のような救済形態になる前に「オフィシャルサイトで全キャラクターが使用可能なデータを公開する」という方法をとっていた時期がある。また、DC版「CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001」の予約特典ディスクに、全ての隠し要素が開放されたセーブデータを入手できるディスクもあった(現在は入手困難)。このディスクを自分は駿河屋で600円で購入しました。
後は違法というか・・・グレーゾーン?ですが、MILL-CD対応のDCを購入して全キャラ開放したセーブデータを配信しているネットのサイトからダウンロードし、それをCD-Rに焼いてMILL-CD対応のDCに読み込ませてセーブデータをビジュアルメモリにほり込むという手もあります。そこまでしてやるほどのゲームかと言われると微妙ですが・・・・

PS2版&X-BOX版

プレイステーション2版及び、XBOX版は、通常のプレイで全隠しキャラを出現させることが出来ますので、個人的にはそちらを推奨します。

配布サイトはこちら
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1144354536参照。


PS3版&X-BOX360版

Xbox 360版およびPS3版は最初から全てのキャラクターが使用可能となっており、キャラクター解禁に必要なPtsは存在しない。

公式
http://www.capcom.co.jp/mvsc2/


特徴

背景
これまでの2D格闘にはあまり見られなかったが、本作は2D(ドット絵)で描画したキャラクターを3D(ポリゴン)で表現した背景の上に置いている。後に、『CAPCOM VS. SNK 2』でも本作と同様の手法がとられている。

音楽
柴田徹也、高野充彦が共同で作曲を担当。今作ではキャラクター単位ではなくステージ単位で音楽が用意されており、ステージによってはBGMはインストゥルメンタルではなくボーカル入りのものがある。このボーカル担当者についてはスタッフロールでシークレットとされている。

キャラクター
一度に最大6人もの人数が画面に登場するシステムによるメモリ不足を避けるため、キャラクターのドットが前作までよりも若干削減され、キャラクター全員がアドバンシングガードのモーションを削られている他、ジャガーノート、ブラックハートなどの巨大なキャラクターは通常のパターン画も減らされており、センチネルに到っては立ちポーズでの動きがほとんど削られている。また勝利メッセージもカットされており、ゲームが終っても点数の集計が行われるだけになっている。


ゲームシステム

本作はそれまでのVS.シリーズと異なり1チーム3人制。勝ち抜き戦ではなく、プレイヤーが任意のタイミングで操作キャラを交代することができる。なおチームは必ず3人で組まねばならず、それより少ない人数でのプレイはできない。

操作形態は1レバー・6ボタン制だが、前作までと違い直接の攻撃に使用するボタンは6つの内4つ(弱・強のパンチ・キック。中攻撃は弱攻撃からチェーンコンボとしてのみ出すことができる)だけで、残り2つはパートナーに関する操作の為のボタンとなっている。

強力な必殺技である「ハイパーコンボ」などを使用するのに消費するハイパーコンボゲージは最大5本まで溜めることができる。

相手側チーム3人全員を倒さねば決着にならないルールだが、時間切れでの決着もある。その際は3人の体力ゲージ残量の合計で勝敗が決まるようになっている。例えば片方のチームが「1人もKOされてはいないが、3人とも体力ゲージが一割を切っている」という状態でもう片方が「メンバー2人をKOされたが最後の1人は全くの無傷」という状態の場合、後者の勝利になる。


~個人的感想~

正直、この作品で完全VSシリーズについていけなくなった感じです。
なんせキャラ多すぎてゲームバランスがズサンすぎる・・・・。
(開発者もゲームバランスなんて考えてないとか認めているし・・・)
あと、嫌いだったのがガードシステムの変更かな。通常ガードじゃ削られまくるとかねーわ・・・


友人にトロンでハメ殺されたのは嫌な思い出である。あれでこのゲームどんだけクソゲーなんだよと思った。トロンなんて小さすぎて攻撃あたらねーじゃねーか!!
なので、個人的にはこのゲームは詰め込みすぎてもういいよ馬鹿!!と言いたくなるゲームです。一応ドリキャス版で持ってるし、ファンディスクも買って全キャラ開放したけどあんまりやってないかな。

カプコンもドンだけグラ使いまわせば気が済むんだよ・・・カプエス2にも同様の事がいえるんだけどモリガンなんて明らかにグラフルすぎて浮いてんぞ・・・・いい加減にしろよ。

よくSNKはグラいい加減変えろとか言われるけど、SNKは地味に毎年グラを微妙に変えてるぞ・・・カプコンも酷いぞマジで・・・・!!

今では結構多機種に移植されているので興味がある人はやってみても良いとは思いますが、ハードを良く選んだほうが良いですね。PS2版は意外にまだそこそこいいお値段で売ってますので初代XBOX版かPS3、箱○版でオンラインで買うかの方が良いかもしれません。

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
プロフィール
HN:
ヤスさん
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/10/22
職業:
宇宙刑事
趣味:
お絵描き、歌を歌うこと、映画鑑賞
自己紹介:
・あんまりプライベートな話はこちらでは控えさせていただきますが、自分の夢に向かって日々精進しています。

・趣味:映画鑑賞、お絵かき、カラオケ。
*サムネの絵はお絵チャットで落描きしたものです。
(サムネは頻繁に変えます。)

・かなりの収集癖有りです。

・持ってるマンガは1000冊以上今更数えらんない。小説は角川ホラー文庫のホラー小説が100冊ほど。その他、小説は恋愛ものからサスペンス、ミステリーなど読んでます。

・見てる映画、アニメ、ドラマは大体2000~3000くらい数えられない。(洋画より日本映画の方が多い。)

・ゲームは主にPS、SSをメインに200本くらいはもってるしやってる。

・フィギュアも100体以上はあるし、玩具・カード・切手もコレクションしてます。

・特撮とアニメと映画をこよなく愛してます。

・彼女募集中 (`・ω・´)キリッ★

・注意事項・
誹謗や中傷恐喝行為はやめてください。
個人情報を書き込む等の行為は絶対にしないでください。あとコメント欄にアドレスは張らないでください。スパムと判断し、やった場合は即座にアクセス拒否させてもらいます。覚悟してください。

・ブログの説明・
このブログは僕が描いた絵や歌はもちろん、好きな映画や音楽、マンガやアニメ、ゲームと幅広く興味のあることについて書くブログです。

僕の落描きした絵の置き場です。↓


【著作権について】
当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。

画像がうまく表示されない時は更新を押してください。
(携帯ではうまく表示されない記事があります。)
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
色々歌ったものをアップしてます。
物好きな方だけお聞きください。
amazonのオススメの商品
をランダムで紹介してくれます。
カテゴリー
記事のジャンルです。
みんなの画用紙
ブログ内検索
記事はここから検索してね!
最新トラックバック
(07/02)
です。
最新コメント
[08/07 ヤス]
[08/05 通りすがりの仮面ライダー]
[06/20 Sigourney Weaver = panty lady]
[03/24 FOREVER HEROS ]
[03/24 FOREVER HEROS ]
ほしい商品はここにある!
お買い物はアマゾンで!
アクセス解析
よ~く見えるぜ!(byマキシマ)
リンク
このブログはリンクフリーです。 (*gifテンプレがちゃんと表示されないのは使用です。)
バーコード
EVEバーストエラーR応援バナー
【EVE bursr error R】応援中!
EVEバーストエラーR発売決定!!
メールフォーム(クリックで表示)
*アドレスは貼らないでください。 メールチェックは日曜にします。
Powered by NINJA TOOLS
返信用メールアドレスは必須です。 直、返信が遅れる場合もありますのでご了承ください。
ツイッターブログパーツ(クリックで表示)
単なるつぶやき
TweetsWind
です。
忍者ツールズ
忍者ビジター
<<仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! 感想  | HOME |  【『7』×『F』夢のコラボ】『マクロスFB7 オレノウタヲキケ!』が、全国の劇場で上映決定!!>>
Copyright ©  -- 上を向いて歩こう!! --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ