忍者ブログ

上を向いて歩こう!!

俺たちには過去も未来もない・・・毎日を楽しく精一杯生きる!それで良いんだよ!容量が限界のため、上を向いて歩こう2号店に移行しました!!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『ALAN WAKE』(アランウェイク)は、Remedy Entertainmentが開発し、マイクロソフトから発売されたXbox 360専用アクションアドベンチャーゲームである。2012年にはSteamや、あるいはリテール版などの形でPC移植版が販売され、日本語版はイーフロンティアから発売された。PC移植版には、Remedy Entertainment に加えて Nordic games も携わっている。

概要
アメリカのベストセラー作家が、休養で訪れた田舎町で超自然の存在に翻弄され、姿を消した妻を取り戻すための探索に身を投じるアドベンチャーゲーム。ホラー・サスペンス要素を含み、銃器を用いた戦闘というアクション要素も含む。

ストーリーや世界観、ゲームシステムに共通して、「光と闇の戦い」というコンセプトが組み込まれている。ストーリーは主人公アランを取り込もうと狙う闇の力との対決の物語であり、舞台描写では日中の平和な田舎町と異様な気配に満ちた夜の森などが対照的に描かれる。また、常に闇の中で発生する戦闘では、銃器のほかに光を放つライト類が欠かせないシステムを採用している。

プレイヤーは肩越しの視点から主人公を操作してゲームを進める。探索と戦闘はシームレスであるため、戦闘はサードパーソン・シューティングゲームの形態を取る(ただし敵は銃器を持たない)。舞台設定上、本格的な戦闘用の兵器は登場せず、使用できる武器は小口径のリボルバー、狩猟用のライフルやショットガン、あるいは信号用のフレアガンといったものに限られる。主人公も身体的には平凡な作家という設定であり、続けて攻撃を受けると簡単に倒され、逃走に有効なダッシュも短距離しか維持できない(その代わりに、タイミングよくボタンを押すことで敵の攻撃を寸前で回避するシステムが搭載されている)。戦闘での最大の特色は、登場する敵が銃器だけでは倒せないことが挙げられ、プレイヤーはフラッシュライトなどで光を浴びせて敵の纏う闇を取り除き、それから銃器で攻撃を加えるという手順を踏む必要がある。

世界観にはスティーブン・キングの著作の影響が大きく、展開などは酷似している部分も随所に見られる(ゲーム中でもその事を指摘するセリフが存在する)。また「見た目だけで判断できない人物」や「町全体を覆う得体の知れない『もの』」など、ステージの雰囲気はツイン・ピークスやLOSTなどの海外ドラマを参考にしたとRemedy Entertainmentの開発スタッフがコメントしている。また、本作のスピンアウト作品であるAlan Wake :American NightmareがXBox Live Arcade作品としてリリースされ、その後日譚が描かれた。

本作はアメリカ『TIME』誌で2010年ベスト・ゲームに選出。「メタ認識とヒッチコック的なサスペンスの融合はAlan Wakeのゲームプレイに非常にユニークで楽しい体験をもたらし、今年最も素晴らしいゲームを完成させた。今年(2010年)多くのゲームタイトルがMatureレーティング(17歳以上向け)を冠したが、ALAN WAKEほど成熟したゲームはなかった。」と評されている。

ストーリー
「彼は何も知らなかったのだ」
自分が書いた小説の登場人物に命を狙われるという悪夢の中で、眩い光と共に何者かがそう告げていた……。

全米を代表するベストセラー作家アラン・ウェイクは深刻なスランプから脱出するため妻のアリスと共に住まいのニューヨークを離れ、大西洋沿岸部に位置する田舎町『ブライトフォールズ』を訪れた。広大な森林に囲まれ、穏やかな湖と灯台を擁する美しい景観はアランの苦悩を和らげるものであったがそれでも筆を進めるまでには至らず、宿泊先であるコールドロンレイク中央部のダイバー島に建てられたキャビンでタイプライターを持ってきたアリスと喧嘩してしまう。

アランがたまらずにキャビンを出た直後、悲鳴と共にアリスが湖へと落ちていった。救助のためアランは湖へ飛び込み、直後に大破した車の中で目を覚ました。何が起こったのか理解できず、だがそれでも妻の安否を確かめようと夜に覆われた森の中をキャビン目指して走るアランは悪夢の中でも登場した『闇』を纏う多数の何者かに襲撃される。銃を撃ってもびくともしない敵に追い詰められたアランだったが、夢の中で聞いた声に従いライトの光を当てると闇が取り払われ、そこへ銃弾を打ち込むことでようやく敵を撃退する事に成功した。

目的地へ向かう中、アランは散乱したコピー用紙を発見する。用紙にはどういうわけかアランが次作として構想していた作品のタイトルが書かれていた、その後も至る箇所で小説の一文が書かれたコピー用紙が発見され、アランはそれが自分の身に今起こっている出来事を正鵠に描写した文章である事に気が付いた───。


個人的感想
このゲームを紹介する上で、一つ謝っておく。
実はプレイはしていません。実況プレイで見ただけです。
なので、実際プレイしないとわからない感覚はお伝えすることが出来ません。ノベライズゲームならともかくこの手のゲームは見るのとやるのは違います。


ただ、XBOXを所有していないのと、この手のゲームは自分はプレイするのは大の苦手なので、恐らく持っていても確実に積みゲー化すると思います。何故持ってもないゲームを紹介するのか?
それは非常に面白い内容だったからに他ならない。

あくまで紹介と思ってください。

アンチャーテッドがやる映画ならこのゲームはやる海外ドラマである。
最近この手の海外ドラマのノリが多い。
バイオハザードリベレーションズとかね。

やめどきのわからない程、先が気になる展開の連続。
ストーリー自体は非常に以前どっかで見たことある内容です。
この作品色々なミステリードラマやホラー小説、ホラードラマのオマージュやパロディが露骨に入ってます。

またこのゲームの中で聞くラジオやTV番組もクオリティーが高く、ナイトスプリングスファンのファンも多いはず。

あらすじは・・・主人公の小説家アランは、スランプに陥っていた。一時に大ヒット作を飛ばした彼は、それ以降全くかけなくなってしまった。続編のタイトルは決まって発表されて以降、二年間スランプのため燻り続けるアラン。妻のアドバイスで田舎町で静養をすることに。
しかし、その町は得体の知れない闇が支配する町だった。
妻が闇にさらわれ、彼は妻を追って湖に飛び込む。
気がつくと彼は、事故った車の中にいた。あれからどれくらいの月日が経ったのか、全くわからなかった。森をさまようアランの元に、一枚のメモが飛んでくる。そのメモには自分の未発表の最新作のタイトルとその内容が書かれていた。
自分を主人公とし、これから先に起こる事がそこには書かれていた。
小説の原稿を頼りに、妻を捜して疾走するアラン。
彼は、妻を助け出す事ができるのか?
というような内容です。

出てくるキャラも魅力的で中でもバリィはみんなの嫁である。
良いキャラしすぎ。
ただ・・残念な事にこのゲームは途中で終わっている。
追加シナリオが無料ダウンロードで二話配信されているが、それも次回へ続く形で後味の悪い終わり方を迎える。

次回作はXBOXライブアーケードのみのダウンロード配信とPC版のみで発売されている。(やり方汚いと思います。)次回作は「Alan Wake's American Nightmare」
というタイトルで、内容もかなり変わっている。
それはまた次の紹介で・・・


トータル・・・XBOXを持っている人はやって損はないと思います。
完結しないけどね・・・。次回作はダウンロード販売なので、ネット環境のない人(今時いないだろうけど)は遊べません。
このレビューも次回へ続きます・・・。



拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
プロフィール
HN:
ヤスさん
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/10/22
職業:
宇宙刑事
趣味:
お絵描き、歌を歌うこと、映画鑑賞
自己紹介:
・あんまりプライベートな話はこちらでは控えさせていただきますが、自分の夢に向かって日々精進しています。

・趣味:映画鑑賞、お絵かき、カラオケ。
*サムネの絵はお絵チャットで落描きしたものです。
(サムネは頻繁に変えます。)

・かなりの収集癖有りです。

・持ってるマンガは1000冊以上今更数えらんない。小説は角川ホラー文庫のホラー小説が100冊ほど。その他、小説は恋愛ものからサスペンス、ミステリーなど読んでます。

・見てる映画、アニメ、ドラマは大体2000~3000くらい数えられない。(洋画より日本映画の方が多い。)

・ゲームは主にPS、SSをメインに200本くらいはもってるしやってる。

・フィギュアも100体以上はあるし、玩具・カード・切手もコレクションしてます。

・特撮とアニメと映画をこよなく愛してます。

・彼女募集中 (`・ω・´)キリッ★

・注意事項・
誹謗や中傷恐喝行為はやめてください。
個人情報を書き込む等の行為は絶対にしないでください。あとコメント欄にアドレスは張らないでください。スパムと判断し、やった場合は即座にアクセス拒否させてもらいます。覚悟してください。

・ブログの説明・
このブログは僕が描いた絵や歌はもちろん、好きな映画や音楽、マンガやアニメ、ゲームと幅広く興味のあることについて書くブログです。

僕の落描きした絵の置き場です。↓


【著作権について】
当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。

画像がうまく表示されない時は更新を押してください。
(携帯ではうまく表示されない記事があります。)
アクセスカウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
色々歌ったものをアップしてます。
物好きな方だけお聞きください。
amazonのオススメの商品
をランダムで紹介してくれます。
カテゴリー
記事のジャンルです。
みんなの画用紙
ブログ内検索
記事はここから検索してね!
最新トラックバック
(07/02)
です。
最新コメント
[08/07 ヤス]
[08/05 通りすがりの仮面ライダー]
[06/20 Sigourney Weaver = panty lady]
[03/24 FOREVER HEROS ]
[03/24 FOREVER HEROS ]
ほしい商品はここにある!
お買い物はアマゾンで!
アクセス解析
よ~く見えるぜ!(byマキシマ)
リンク
このブログはリンクフリーです。 (*gifテンプレがちゃんと表示されないのは使用です。)
バーコード
EVEバーストエラーR応援バナー
【EVE bursr error R】応援中!
EVEバーストエラーR発売決定!!
メールフォーム(クリックで表示)
*アドレスは貼らないでください。 メールチェックは日曜にします。
Powered by NINJA TOOLS
返信用メールアドレスは必須です。 直、返信が遅れる場合もありますのでご了承ください。
ツイッターブログパーツ(クリックで表示)
単なるつぶやき
TweetsWind
です。
忍者ツールズ
忍者ビジター
<<「Alan Wake's American Nightmare」  | HOME |  家具のリフォームが住んで一応部屋を片付けた。>>
Copyright ©  -- 上を向いて歩こう!! --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ